季の美 京都ドライジン
味わいの鍵となる6つのカテゴリー

pai_chart

礎/ベース(ジュニパー、オリス、檜)

『季の美』のベースとなるボタニカルに『ジュニパー』、『オリス』、『檜』を使用。全体の半分を占め、味わいの骨格を形成します。

柑/シトラス(柚子、レモン)

日本固有の柑橘として知られる『柚子』を使い、他のジンにはない『季の美』ならではの個性を表現します。

凛/ハーバル(山椒、木の芽)

オリエンタルでアロマティックな芳香を放つ『山椒』はトップノートとアフターにしっかりその存在感を示し、香味を引き締めます。

辛/スパイス(生姜)

山椒がアロマに対して働く一方で、『生姜』はフレーバーを引き締めます。口に運んだ瞬間に感じるジューシーさそしてピリッとした辛さは、味わいを一層複雑なものにします。

 

芳/フルーティ&フローラル(笹、赤紫蘇)

『笹』と『赤紫蘇』は全体にフルーティ&フローラルなエッセンスを加えます。目立たないがその場にいないと物足りない、そんな名脇役のような存在です。

茶/ティー(玉露)

京都の老舗茶舗の玉露を使用。日本らしい芳香とほのかな甘さをを与え、全てのボタニカルを上品にまとめ上げます。

季の美の原料には、京都を含む日本各地で厳選された地の物を使用しています。山椒やヒノキ、緑茶や柚子など日本が誇る自然の恵みが表す雅な味わいをお楽しみください。